勘違い野郎の風俗闊歩

飽きやすい自分が飽きないんですよ

不思議なものです。自分はかなり飽きっぽいタイプなんです。何か良いなって思ったことがあっても、少し繰り返していると「もういいや」になってしまうタイプだと言うことは他ならない自分自身が一番良く分かっているつもりなんですけど、風俗に関しては不思議と飽きる気配が全然ないんですよね(笑)だから風俗って自分にとって相当特別なものなのかなって思っています。むしろ遊べば遊ぶほどに、風俗の懐の広さと言うか、いろんな女の子がいるし、いろんな楽しみ方があるんだなってことに気付かされるんですよ(笑)例えば風俗では自分の好きな女の子だけじゃなく、オプションだって自由自在というか、いろんな形で遊べるじゃないですか。誰かに強制されるとかではなく、あくまでも自分の好きなようにってところもポイントですよね。決して強制される訳じゃないんです。自分の好きなように遊べると言うのはやっぱり大きいんじゃないのかなって思うんですよ。それもあって風俗は飽きません。